脳卒中

ひろし

介護経験から服づくりに挑戦!言葉にならない感情に寄り添い続ける科学的 “ケア衣料”の出発点|笈沼清紀さん

株式会社ケアウィルの代表・笈沼清紀(おいぬま・きよのり)さんは、ご自身のお父様の介護経験から服に不自由を感じている人に向けた「ケア衣料」の事業に取り組んでします。服づくりの過程や製品、創業のきっかけや服づくりに対する熱い思いを伺いました。
ひろし

ケア衣料を通して「服の不自由を解決する」|株式会社ケアウィル

東京都に拠点のある株式会社ケアウィル(代表:笈沼清紀さん)は、服の不自由を解決するというビジョンのもと、良質な服づくりに取り組まれている「ケア衣料」の専門ブランドです。創業ストーリーや製品の魅力、また、実際に試着した感想等も合わせてお伝えします。
山本夏希

【当事者の声】脳卒中当事者のための心と身体のケアを広めたい。フラリハとピアカウンセリングの経験を通して伝えたいこと|辻ありささん

大阪府を中心にピアカウンセラーやフラリハ講師として活躍する脳卒中当事者の辻ありささん。7年前に脳卒中を発症してから障害をどのように受け入れたのか、なぜフラリハをリハビリ当事者に教えるようになったのかなど、お話を伺いました。
当事者の声

【当事者の声】片麻痺のBARマスター。日本酒立ち呑みbar丸に立ち続ける想い|丸山敬三さん

広島駅から徒歩5分にある飲み屋街・エキニシ。ここの一角にある『日本酒立ち呑みbar 丸』のマスター・丸山敬三さんは、40歳で脳出血を発症した。再びお店に立つために懸命なリハビリを行い、現在も一人で立ち続ける。丸山さんのこれまでの歩みや描く未来から「リハビリを続ける本当の意味」を探る。
当事者の声

【リハビリ当事者の声】家族や体操のお兄さんと共に歩む楽しいリハビリ生活! 継続のその先に。| やっちゃん

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです!本日は、株式会社 GOBOUの代表 ごぼう先生 協力のもと、脳梗塞後遺症がありながらも自宅で一生懸命テレビ体操に励まれている、愛知県在住の70代女性「やっちゃん」を取材してきたので、み...
理学療法士

“伝える” を科学する理学療法士。デザインにかける情熱とストーリー | 藤高祐太さん

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです!本日は、広島県広島市にある「西広島リハビリテーション病院」で理学療法士として働く藤高祐太さんを取材してきたので、皆さんにご紹介したいと思います!普段お仕事をされる中で感じることや、理学療...
当事者の声

片麻痺のドローンパイロット・先城伸二さんの新たな挑戦。〜ドローン×○○とは!?〜

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです!本日は、以前当サイトで紹介させてもらった片麻痺のドローンパイロット・先城伸二さんが “新たな挑戦” をされると聞き、そのイベント会場まで取材に行ってきました!実際に私もドローンに初挑戦さ...
当事者の声

【リハビリ当事者の声】僕の右手は誰かの翼!34歳で脳出血を発症、しかしドローンが生きる気力を与えてくれた。| 片手のドローンパイロット 先城伸二さん <後編>

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです!本日は、脳出血の後遺症により左半身に麻痺がありながらも、片手でドローンを操縦するドローンパイロット、そしてユニバーサルドローン講師の「先城伸二さん」を取材してきたので、みなさんにご紹介し...
当事者の声

【リハビリ当事者の声】僕の右手は誰かの翼!34歳で脳出血を発症、しかしドローンが生きる気力を与えてくれた。| 片手のドローンパイロット 先城伸二さん <前編>

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです!本日は、脳出血の後遺症により左半身に麻痺がありながらも、片手でドローンを操縦するドローンパイロット、そしてユニバーサルドローン講師の「先城 伸二さん」を取材してきたので、みなさんにご紹介...
タイトルとURLをコピーしました