リハビリ当事者の声

リハビリ当事者の声 当事者の声

実際にリハビリに励まれている方の生の声をお届けします。

当事者の声

【当事者の声】99歳Sさん、再び家族と暮らすために入院リハビリに励む|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むSさん。Sさんは、99歳とご高齢でありながら大腿骨骨折後のリハビリに意欲的に取り組まれています。Sさんのリハビリ内容や目標・やりがいは何なのか、担当PT橋爪さんのコメントも添えてお伝えします。
当事者の声

【当事者の声】抗がん剤と手術で落ちた体力をリハビリテーションで回復!できることが増える喜びを噛み締めて|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むTさん。Tさんは、胃がんの手術と化学療法を実施後、現在は体力回復のために入院リハビリに励まれています。病院でのリハビリ内容、目標ややりがい、また担当療法士の方のコメントも添えてお伝えします。 
当事者の声

【当事者の声】頚髄損傷後の運転再開に向けた歩み。車椅子ユーザーの視点から見える課題|藤井佳奈さん

8年前の交通事故による頸髄損傷/不全麻痺で車椅子ユーザーとなった藤井佳奈さんの、運転再開にむけて歩まれた過程や実際の改造車、その活用方法について取材した。実際に車を運転してもらい買い物に同行した中で見えた、視点の違いや課題感も合わせてお伝えする。
当事者の声

【当事者の声】39歳で頸髄を損傷。娘や仲間と歩んできた8年間と再生医療挑戦の裏側|藤井佳奈さん

8年前に頸髄を損傷するも、現在は再生医療にむけて懸命にリハビリに取り組む藤井佳奈さんを取材した。佳奈さんが取り組むリハビリ内容やその原動力、再生医療挑戦の裏側や過去の自分へのメッセージ、さらにはバリアフリーに設計されたご自宅を紹介する。
当事者の声

【当事者の声】超高齢社会の暮らしをデザインするバリアフリー建築の先駆者|吉田紗栄子さん

バリアフリー建築の先駆者として業界を牽引する一級建築士の吉田紗栄子さん。現在は、一般社団法人ケアリングデザインの理事を務める傍ら福祉施設や高齢者・障害者に特化した住宅設計を手がけている。建築に懸ける想いやご自身のリハビリ、改修した自宅もご紹介頂いた。
当事者の声

【当事者の声】やればできる!夢中になってボールを追い続けることで見えた、インクルーシブな未来社会|アンプティーサッカー日本代表・ヒッキ選手

片足のサッカープレイヤーとしてブラジルや日本代表選手として活躍されるエンヒッキ・松茂良・ジアス(愛称:ヒッキ)さん。日本でアンプティサッカーを競技として広めたパイオニアでもある彼に、事故直後のリハビリの様子やサッカーの練習方法を伺います。
当事者の声

【当事者の声】旗ふる勇者は馬鹿でいい。4年間の入退院生活を乗り越え見えた世界|大熊充さん

25歳で交通事故による大怪我を経験するも、現在は福岡県うきは市でばあちゃん食堂を経営する社会起業家として活躍されている「みっちゃん」こと大熊充さん。当時のリハビリの様子や原動力となったこと、また、みっちゃんの再起のストーリや今後に思い描くことに迫ります。
当事者の声

【当事者の声】片麻痺のBARマスター。日本酒立ち呑みbar丸に立ち続ける想い|丸山敬三さん

広島駅から徒歩5分にある飲み屋街・エキニシ。ここの一角にある『日本酒立ち呑みbar 丸』のマスター・丸山敬三さんは、40歳で脳出血を発症した。再びお店に立つために懸命なリハビリを行い、現在も一人で立ち続ける。丸山さんのこれまでの歩みや描く未来から「リハビリを続ける本当の意味」を探る。
当事者の声

【当事者の声】リハビリは、しっかりと目標を持つことが大事。常に前を向き挑戦し続けるちんさんの人生観|中村珍晴さん

19歳当時の事故で頸髄を損傷するも、現在は大学教員やYouTubeなど多方面で活躍されている中村珍晴さん(愛称ちんさん)を取材してきた。当時のリハビリの様子や原動力、再生医療とリハビリ、また、HALを使用した実際のリハビリの様子も見学させてもらった。
当事者の声

【当事者の声】大家族で過ごす、愛に包まれた最期の時間|藤崎家

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです。本日は、2020年秋に福岡の自宅でお母さまの看取りを経験された「藤崎家」を取材してきたので、皆さんにご紹介したいと思います。藤崎家のお母さまは、子宮がんのため2018年から闘病生活がスタ...
タイトルとURLをコピーしました