リハビリ当事者の声

リハビリ当事者の声 当事者の声

実際にリハビリに励まれている方の生の声をお届けします。

当事者の声

お日様にあたると元気が出る!農業を通して自分のなりたい姿を目指す | 三休メンバー・今村 匠さん

京都府京田辺市にある農業を手段とした就労継続支援B型事業所「三休」に通所するメンバー(利用者)の今村 匠さんにお話を伺いました。本記事では、今村さんが三休に通所して変化したことや現在の活動内容、今後チャレンジしたいことについて紹介します。
山本夏希

【当事者の声】車椅子の社長として歩み続けた17年。僕は常に、前を向いてた|株式会社ミズタニ 会長・水谷雅夫さん

株式会社ミズタニの会長・水谷雅夫さんは、働き盛りの45歳当時、2代目社長として会社を経営するなか事故で脊髄を損傷。以後、車椅子の社長として会社を牽引してこられました。これまでの歩みやリハビリの原動力、継続するためのコツや今後挑戦したいことを伺いました。
当事者の声

難病の方にも「mediVRカグラ」を届けたい。当事者の視点を併せ持つセラピスト・杉山晴香さん

mediVRリハビリテーションセンター東京のセラピストで、難病・重症筋無力症当事者の杉山晴香さんは、実際にmediVRカグラを使ったリハビリも実践しています。本記事では、杉山さんのこれまでの歩みやVRリハビリの今後についてお話を伺いました。
当事者の声

【当事者の声】諦めていた夢をmediVRカグラで叶えた親子|鎌込はると君・江理さん

mediVRカグラでリハビリに励む鎌込はると君は、生まれてすぐに脳性麻痺と診断されました。2021年からmediVRでのリハビリを開始し、劇的な変化が見られました。本記事では、親子のこれまでの歩みについて母の江里さんにお話を伺いました。
当事者の声

【当事者の声】看護師×車椅子YouTuberとしての新たな挑戦。僕にしかできない道を歩む|三井和哉さん

10年前に頸髄を損傷し車椅子となるも、現在は事務職員として働く傍ら教育現場やYoutubeでの発信など幅広く活動している看護師の三井和哉さんを取材しました。本記事では、三井さんの受傷当時の記憶やリハビリの歩み、現在力を入れている事や今後の目標を紹介します。
当事者の声

【当事者の声】「まぁいっか」って思えるようになった瞬間、世界が変わった|肢体不自由ピアカウンセラー 土井畑京子さん

21年前に脳出血を発症し左半身麻痺となるも、現在はピアカウンセラーとして精力的に活動される土井畑京子さんにお話を伺いました。土井畑さんが病気を発症した当時のことやリハビリ内容、ピアカウンセリングや原動力、さらには過去の自分に向けたメッセージをご紹介します。
山本夏希

【当事者の声】脳卒中当事者のための心と身体のケアを広めたい。フラリハとピアカウンセリングの経験を通して伝えたいこと|辻ありささん

大阪府を中心にピアカウンセラーやフラリハ講師として活躍する脳卒中当事者の辻ありささん。7年前に脳卒中を発症してから障害をどのように受け入れたのか、なぜフラリハをリハビリ当事者に教えるようになったのかなど、お話を伺いました。
当事者の声

【当事者の声】99歳Sさん、再び家族と暮らすために入院リハビリに励む|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むSさん。Sさんは、99歳とご高齢でありながら大腿骨骨折後のリハビリに意欲的に取り組まれています。Sさんのリハビリ内容や目標・やりがいは何なのか、担当PT橋爪さんのコメントも添えてお伝えします。
当事者の声

【当事者の声】抗がん剤と手術で落ちた体力をリハビリテーションで回復!できることが増える喜びを噛み締めて|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むTさん。Tさんは、胃がんの手術と化学療法を実施後、現在は体力回復のために入院リハビリに励まれています。病院でのリハビリ内容、目標ややりがい、また担当療法士の方のコメントも添えてお伝えします。 
当事者の声

【当事者の声】頚髄損傷後の運転再開に向けた歩み。車椅子ユーザーの視点から見える課題|藤井佳奈さん

8年前の交通事故による頸髄損傷/不全麻痺で車椅子ユーザーとなった藤井佳奈さんの、運転再開にむけて歩まれた過程や実際の改造車、その活用方法について取材した。実際に車を運転してもらい買い物に同行した中で見えた、視点の違いや課題感も合わせてお伝えする。
タイトルとURLをコピーしました