当事者の声

リハビリ当事者の声

【当事者の声】寝たきり状態からの再起。デイサービスでリハビリに励むKさん|広島県福山市

広島県福山市にある「暮らしのデイサービスねっこ」でリハビリに励まれているKさんにお話を伺いました。本記事では、Kさんのこれまでの歩みや、ねっこに通われたきっかけ、活動の様子について紹介します。
リハビリ当事者の声

お日様にあたると元気が出る!農業を通して自分のなりたい姿を目指す | 三休メンバー・今村 匠さん

京都府京田辺市にある農業を手段とした就労継続支援B型事業所「三休」に通所するメンバー(利用者)の今村 匠さんにお話を伺いました。本記事では、今村さんが三休に通所して変化したことや現在の活動内容、今後チャレンジしたいことについて紹介します。
リハビリ当事者の声

【当事者の声】「まぁいっか」って思えるようになった瞬間、世界が変わった|肢体不自由ピアカウンセラー 土井畑京子さん

21年前に脳出血を発症し左半身麻痺となるも、現在はピアカウンセラーとして精力的に活動される土井畑京子さんにお話を伺いました。土井畑さんが病気を発症した当時のことやリハビリ内容、ピアカウンセリングや原動力、さらには過去の自分に向けたメッセージをご紹介します。
リハビリ当事者の声

【当事者の声】99歳Sさん、再び家族と暮らすために入院リハビリに励む|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むSさん。Sさんは、99歳とご高齢でありながら大腿骨骨折後のリハビリに意欲的に取り組まれています。Sさんのリハビリ内容や目標・やりがいは何なのか、担当PT橋爪さんのコメントも添えてお伝えします。
リハビリ当事者の声

【当事者の声】抗がん剤と手術で落ちた体力をリハビリテーションで回復!できることが増える喜びを噛み締めて|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むTさん。Tさんは、胃がんの手術と化学療法を実施後、現在は体力回復のために入院リハビリに励まれています。病院でのリハビリ内容、目標ややりがい、また担当療法士の方のコメントも添えてお伝えします。 
リハビリ当事者の声

【当事者の声】超高齢社会の暮らしをデザインするバリアフリー建築の先駆者|吉田紗栄子さん

バリアフリー建築の先駆者として業界を牽引する一級建築士の吉田紗栄子さん。現在は、一般社団法人ケアリングデザインの理事を務める傍ら福祉施設や高齢者・障害者に特化した住宅設計を手がけている。建築に懸ける想いやご自身のリハビリ、改修した自宅もご紹介頂いた。
リハビリ当事者の声

【当事者の声】片足のサッカープレイヤーヒッキ選手。アンプティーサッカー日本代表が見据えるインクルーシブな未来社会

片足のサッカープレイヤーとしてブラジルや日本代表選手として活躍されるエンヒッキ・松茂良・ジアス(愛称:ヒッキ)さん。日本でアンプティサッカーを競技として広めたパイオニアでもある彼に、事故直後のリハビリの様子やサッカーの練習方法を伺います。
リハビリ当事者の声

【当事者の声】旗ふる勇者は馬鹿でいい。4年間の入退院生活を乗り越え見えた世界|大熊充さん

25歳で交通事故による大怪我を経験するも、現在は福岡県うきは市でばあちゃん食堂を経営する社会起業家として活躍されている「みっちゃん」こと大熊充さん。当時のリハビリの様子や原動力となったこと、また、みっちゃんの再起のストーリや今後に思い描くことに迫ります。
リハビリ当事者の声

【当事者の声】片麻痺のBARマスター。日本酒立ち呑みbar丸に立ち続ける想い|丸山敬三さん

広島駅から徒歩5分にある飲み屋街・エキニシ。ここの一角にある『日本酒立ち呑みbar 丸』のマスター・丸山敬三さんは、40歳で脳出血を発症した。再びお店に立つために懸命なリハビリを行い、現在も一人で立ち続ける。丸山さんのこれまでの歩みや描く未来から「リハビリを続ける本当の意味」を探る。
リハビリ当事者の声

【前編】難病と闘いながら人の魂を癒す。がん専門ケア領域で活躍する理学療法士 | さあら(SARAH)さん

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです!本日は、福岡県福岡市に拠点のある「一般社団法人バラカメディカル」代表理事の今村幸恵 (さあら / SARAH) さんを取材してきたので、皆さんにご紹介したいと思います!さあらさんは、自身...
タイトルとURLをコピーしました