当事者の声

【当事者の声】「まぁいっか」って思えるようになった瞬間、世界が変わった|肢体不自由ピアカウンセラー 土井畑京子さん

21年前に脳出血を発症し左半身麻痺となるも、現在はピアカウンセラーとして精力的に活動される土井畑京子さんにお話を伺いました。土井畑さんが病気を発症した当時のことやリハビリ内容、ピアカウンセリングや原動力、さらには過去の自分に向けたメッセージをご紹介します。
ひろし

人生を味わい尽くす、感情環境デザインの世界。新たな道を切り拓く作業療法士・杉本聡恵さん

感情環境デザイナーとして医療福祉の空間づくりをされている作業療法士の杉本聡恵さんは、感情環境デザインという新たな領域を生み出し、様々なスペシャリストと共に施設のプランニングをしています。現在力を入れられていることや今後挑戦したいことを伺いました。
ひろし

小規模多機能型居宅介護 ゆずっこホームみなり | 広島県尾道市

2022年4月にオープンした広島県尾道市のゆずっこホームみなりは、株式会社ゆずが運営する小規模多機能型居宅介護事業所です。コミュニティデザインや感情環境デザインを融合した建物や空間づくりが特徴です。本記事では、施設のこだわりや込められた想いを紹介します。
ひろし

看多機ホームみなりっこ | 広島県尾道市

株式会社ゆずが運営する広島県尾道市にある「看多機ホームみなりっこ」は、2020年3月にオープンした看護小規模多機能居宅介護事業所です。本記事では、どの空間も利用者さんの「心地よい居場所」となるように工夫された空間づくりを紹介します。
その他・プロフェッショナル

多世代が支え合える循環社会の創造|株式会社ゆず代表・介護福祉士 川原奨二さん

広島県尾道市にある株式会社ゆずの代表で介護福祉士の川原奨二さん。川原さんは、コミュニティデザイナーや感情環境デザイナーらとともに施設の「空間づくり」に力を入れられています。本記事では、川原さんの介護にかける熱い想いを過去を紐解きながら紹介します。
施設・会社

障害福祉にイノベーションを!新しい仕事を生み出す拠点・グッドジョブ!センター香芝 |奈良県香芝市

奈良県香芝市にある「Good Job! Center KASHIBA (グッドジョブ!センター香芝)」は、社会に新しい仕事をつくりだすことに力を入れている福祉施設です。本記事では、Good Job!センター香芝の施設内や実際の活動の様子をご紹介します。
施設・会社

「障害×アート」という可能性の芸術。たんぽぽの家アートセンターHANA|奈良県奈良市

奈良県奈良市にある「たんぽぽの家アートセンターHANA」は、アートなどの表現活動に力を入れている生活介護および就労継続支援B型事業所です。本記事では、たんぽぽの家がアートに力を入れるようになったきっかけや実際の活動の様子をご紹介します。
施設・会社

障害のある人が地域で自立して暮らせるために。福祉ホームコットンハウス・有縁のすみか | 奈良県奈良市

奈良県奈良市にある福祉ホーム「コットンハウス」と「有縁のすみか」は、社会福祉法人わたぼうしの会が運営する障害のある人が地域で自分らしく暮らすことができる福祉ホームです。本記事では、コットンハウスと有縁のすみかのこれまでの歩みや実際の施設内を紹介します。
ひろし

介護経験から服づくりに挑戦!言葉にならない感情に寄り添い続ける科学的 “ケア衣料”の出発点|笈沼清紀さん

株式会社ケアウィルの代表・笈沼清紀(おいぬま・きよのり)さんは、ご自身のお父様の介護経験から服に不自由を感じている人に向けた「ケア衣料」の事業に取り組んでします。服づくりの過程や製品、創業のきっかけや服づくりに対する熱い思いを伺いました。
ひろし

ケア衣料を通して「服の不自由を解決する」|株式会社ケアウィル

東京都に拠点のある株式会社ケアウィル(代表:笈沼清紀さん)は、服の不自由を解決するというビジョンのもと、良質な服づくりに取り組まれている「ケア衣料」の専門ブランドです。創業ストーリーや製品の魅力、また、実際に試着した感想等も合わせてお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました