お知らせ

【お知らせ】公式LINEはじめました

リハノワ 「公式LINE」開始にともなうお知らせ
施設・会社

街を “リハビリテーション” する会社 familink |大阪府大阪市鶴見区(代表・金児大地さん)

大阪府大阪市鶴見区にある介護事業所「familink」は、理学療法士の金児大地さんが代表を務める、通所から訪問、教育、多職種連携、まちづくりに関する事業まで多岐にわたり展開されている会社です。familinkの魅力や代表・金児さんの熱い思いに迫ります。
当事者の声

【当事者の声】99歳Sさん、再び家族と暮らすために入院リハビリに励む|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むSさん。Sさんは、99歳とご高齢でありながら大腿骨骨折後のリハビリに意欲的に取り組まれています。Sさんのリハビリ内容や目標・やりがいは何なのか、担当PT橋爪さんのコメントも添えてお伝えします。
当事者の声

【当事者の声】抗がん剤と手術で落ちた体力をリハビリテーションで回復!できることが増える喜びを噛み締めて|志摩市民病院

三重県志摩市にある「志摩市民病院」でリハビリに励むTさん。Tさんは、胃がんの手術と化学療法を実施後、現在は体力回復のために入院リハビリに励まれています。病院でのリハビリ内容、目標ややりがい、また担当療法士の方のコメントも添えてお伝えします。 
施設・会社

志摩市民病院リハビリテーション室|三重県志摩市

三重県志摩市にある「志摩市民病院 リハビリテーション室」をご紹介します。志摩市民病院は、志摩市南部の回復期や緩和医療、在宅医療において重要な役割を担う中核病院です。江角院長とともに地域医療を支えるリハビリスタッフや患者さんの生の声に迫ります。
当事者の声

【当事者の声】頚髄損傷後の運転再開に向けた歩み。車椅子ユーザーの視点から見える課題|藤井佳奈さん

8年前の交通事故による頸髄損傷/不全麻痺で車椅子ユーザーとなった藤井佳奈さんの、運転再開にむけて歩まれた過程や実際の改造車、その活用方法について取材した。実際に車を運転してもらい買い物に同行した中で見えた、視点の違いや課題感も合わせてお伝えする。
当事者の声

【当事者の声】39歳で頸髄を損傷。娘や仲間と歩んできた8年間と再生医療挑戦の裏側|藤井佳奈さん

8年前に頸髄を損傷するも、現在は再生医療にむけて懸命にリハビリに取り組む藤井佳奈さんを取材した。佳奈さんが取り組むリハビリ内容やその原動力、再生医療挑戦の裏側や過去の自分へのメッセージ、さらにはバリアフリーに設計されたご自宅を紹介する。
当事者の声

【当事者の声】超高齢社会の暮らしをデザインするバリアフリー建築の先駆者|吉田紗栄子さん

バリアフリー建築の先駆者として業界を牽引する一級建築士の吉田紗栄子さん。現在は、一般社団法人ケアリングデザインの理事を務める傍ら福祉施設や高齢者・障害者に特化した住宅設計を手がけている。建築に懸ける想いやご自身のリハビリ、改修した自宅もご紹介頂いた。
ひろし

クリエイティブで喜び溢れる未来のリハビリテーションはすぐそこに!3Dプリンタ×作業療法の先駆者|林園子さん

一般社団法人ICTリハビリテーション研究会の代表理事で作業療法士の林園子さん。林さんは、デジタルファブリケーション×作業療法のパイオニアで、作業療法士のいるファブラボ「ファブラボ品川」のディレクターとしても活動されています。本記事では、林さんの素顔に迫ります。
ひろし

ファブラボ品川 | 東京都品川区

東京都品川区にあるファブラボ品川は、世界で唯一の「作業療法士のいるファブラボ」として自助具をはじめとした人々の個別性に合わせたものづくりに取り組んでいます。新しい時代のリハビリテーションを築くファブラボ品川ディレクター林氏とファウンダー濱中氏に話を伺った。
タイトルとURLをコピーしました