片麻痺

当事者の声

【当事者の声】片麻痺のBARマスター。日本酒立ち呑みbar丸に立ち続ける想い|丸山敬三さん

広島駅から徒歩5分にある飲み屋街・エキニシ。ここの一角にある『日本酒立ち呑みbar 丸』のマスター・丸山敬三さんは、40歳で脳出血を発症した。再びお店に立つために懸命なリハビリを行い、現在も一人で立ち続ける。丸山さんのこれまでの歩みや描く未来から「リハビリを続ける本当の意味」を探る。
当事者の声

【リハビリ当事者の声】家族や体操のお兄さんと共に歩む楽しいリハビリ生活! 継続のその先に。| やっちゃん

みなさんこんにちは、リハノワ.comのかわむーです!本日は、株式会社 GOBOUの代表 ごぼう先生 協力のもと、脳梗塞後遺症がありながらも自宅で一生懸命テレビ体操に励まれている、愛知県在住の70代女性「やっちゃん」を取材してきたので、み...
タイトルとURLをコピーしました