その他・プロフェッショナル

その他・プロフェッショナル

多世代が支え合える循環社会の創造|株式会社ゆず代表・介護福祉士 川原奨二さん

広島県尾道市にある株式会社ゆずの代表で介護福祉士の川原奨二さん。川原さんは、コミュニティデザイナーや感情環境デザイナーらとともに施設の「空間づくり」に力を入れられています。本記事では、川原さんの介護にかける熱い想いを過去を紐解きながら紹介します。
ひろし

介護経験から服づくりに挑戦!言葉にならない感情に寄り添い続ける科学的 “ケア衣料”の出発点|笈沼清紀さん

株式会社ケアウィルの代表・笈沼清紀(おいぬま・きよのり)さんは、ご自身のお父様の介護経験から服に不自由を感じている人に向けた「ケア衣料」の事業に取り組んでします。服づくりの過程や製品、創業のきっかけや服づくりに対する熱い思いを伺いました。
PR記事

ケアのデザインストスアねんりん |一級建築士 簾藤麻木さん【PR】

リハノワパートナーであるケアのデザインストアねんりんは、全国の工房・製造企業と連携し、既存の福祉用具店では取り扱いのない「ケアが必要な方も使いやすい日用品」を取り扱っています。本記事では、商品や代表・簾藤麻木さんのこれまでの歩み、ユーザーの声を紹介します。
くらしフォトグラファー・しんたろう

農園芸×ケアを通して「Meaningful life」を探求する|園芸療法士 石神洋一さん

NPO法人たかつき代表理事で園芸療法士の石神洋一さんは、「Meaningful lifeの探求」を使命に園芸療法を取り入れた通所介護施設の運営や自然体験活動、大学や専門学校の講師を務められています。大切にしている想いや今後に思い描くことなどを伺いました。
くらしフォトグラファー・しんたろう

世界初の医療技術者が靴づくりを通して見据える未来|ドイツ整形外科靴マイスター・義肢装具士 中井要介さん

マイスター靴工房KAJIYAの代表・中井要介さんはドイツの職人最高職位である「ドイツ整形外科靴マイスター」と「義肢装具士」の2つの資格を有する世界初の医療技術者です。東京と神戸の工房にお邪魔し、靴づくりの過程や製品、整形外科靴に対する熱い想いを伺いました。
当事者の声

【当事者の声】超高齢社会の暮らしをデザインするバリアフリー建築の先駆者|吉田紗栄子さん

バリアフリー建築の先駆者として業界を牽引する一級建築士の吉田紗栄子さん。現在は、一般社団法人ケアリングデザインの理事を務める傍ら福祉施設や高齢者・障害者に特化した住宅設計を手がけている。建築に懸ける想いやご自身のリハビリ、改修した自宅もご紹介頂いた。
その他・プロフェッショナル

関係づくりの新たな扉『似顔絵セラピー』|イラストレーター・村岡ケンイチさん

医療機関で似顔絵セラピストとして活動されているイラストレーターの村岡ケンイチさん。15年前に似顔絵セラピーの先駆者として活動を開始し、これまで延べ150を超える病院・施設で3000人以上の似顔絵を描いてこられました。似顔絵にこめる熱い想いに迫ります。
ひろし

福祉建築を通して創る世界。「参加」を仕掛ける一級建築士・八木稔文さん|合同会社 わくわくデザイン

福祉建築に強い想いを持ち活動されている一級建築士の八木稔文さん。一級建築士事務所「合同会社 わくわくデザイン」に所属し、代表社員として全国の物件を手がけられています。福祉建築を通して八木さんが創る世界観とはー。大切にされている想いに迫ります。
スタッフの紹介

看護師が経営する古民家デイサービス。“セカンドハウス”という居場所で高齢者に生きがいを|平見怜子さん

広島県の山間にある古民家を改修し、デイサービスを開業した看護師の平見怜子さん。行き場のない高齢者を救いたいという想いから30歳で起業した。地域とともの歩む平見さんの、これまでのストーリーそして今後の展望について聞く。
スタッフの紹介

福祉用具を科学する!元レーシングカートのメカニックが手掛ける笑顔を作るための仕掛け | 福祉用具専門相談員・内田忠夫さん

元レーシングカートのメカニックが手掛ける手すりは、まさに神業。日本一と言っても過言ではないその職人技を、我々は伝承していく必要がある。解説付きの事例紹介は注目だ。ぜひこの機に、手すりの神・内田忠夫さんに触れてほしい。介護に関わるスタッフ、福祉用具専門相談員はもちろんのこと、PTやOTなどのリハビリスタッフも必見だ。
タイトルとURLをコピーしました