ひろし

ひろし ひろし

フォトグラファーひろしが携わったリハノワ記事を紹介します。

<プロフィール>
カメラマン/理学療法士。
1991年三重県生まれ。それぞれの職業の経験を織り交ぜた、医療・介護現場の写真を撮ります。
HP ・Instagram

ひろし

VRリハビリ最前線!「mediVRカグラ」の魅力に迫る|株式会社mediVR

2022年10月にオープンしたmediVRリハビリセンター東京に伺い、実際に「mediVRカグラ」を体験させていただいたきました。本記事では、体験レポートも含めたmediVRカグラについてご紹介します。
ひろし

日本初の成果報酬型自費リハビリ施設「mediVRリハビリテーションセンター東京」|東京都中央区東日本橋

2022年10月にオープンした東京都中央区東日本橋にあるmediVRリハビリセンター東京は、「mediVRカグラ」でのリハビリを主体とした成果報酬型自費リハビリ施設です。本記事では、施設内や実際のリハビリの流れ、新本センター長のメッセージを紹介します。
当事者の声

難病の方にも「mediVRカグラ」を届けたい。当事者の視点を併せ持つセラピスト・杉山晴香さん

mediVRリハビリテーションセンター東京のセラピストで、難病・重症筋無力症当事者の杉山晴香さんは、実際にmediVRカグラを使ったリハビリも実践しています。本記事では、杉山さんのこれまでの歩みやVRリハビリの今後についてお話を伺いました。
当事者の声

【当事者の声】諦めていた夢をmediVRカグラで叶えた親子|鎌込はると君・江理さん

mediVRカグラでリハビリに励む鎌込はると君は、生まれてすぐに脳性麻痺と診断されました。2021年からmediVRでのリハビリを開始し、劇的な変化が見られました。本記事では、親子のこれまでの歩みについて母の江里さんにお話を伺いました。
ひろし

クラフトビール×就労支援「方南ローカルグッドブリュワーズ」|東京都杉並区方南町

東京都杉並区にある「方南ローカルグッドブリュワーズ」は、障がいのある醸造士たちが活躍するクラフトビールの醸造所です。本記事では、方南町の商店街と共に歩む方南ローカルグッドブリュワーズの醸造所や仕事内容、商品の魅力や代表/スタッフの声を紹介します。
ひろし

人生を味わい尽くす、感情環境デザインの世界。新たな道を切り拓く作業療法士・杉本聡恵さん

感情環境デザイナーとして医療福祉の空間づくりをされている作業療法士の杉本聡恵さんは、感情環境デザインという新たな領域を生み出し、様々なスペシャリストと共に施設のプランニングをしています。現在力を入れられていることや今後挑戦したいことを伺いました。
ひろし

小規模多機能型居宅介護 ゆずっこホームみなり | 広島県尾道市

2022年4月にオープンした広島県尾道市のゆずっこホームみなりは、株式会社ゆずが運営する小規模多機能型居宅介護事業所です。コミュニティデザインや感情環境デザインを融合した建物や空間づくりが特徴です。本記事では、施設のこだわりや込められた想いを紹介します。
ひろし

看多機ホームみなりっこ | 広島県尾道市

株式会社ゆずが運営する広島県尾道市にある「看多機ホームみなりっこ」は、2020年3月にオープンした看護小規模多機能居宅介護事業所です。本記事では、どの空間も利用者さんの「心地よい居場所」となるように工夫された空間づくりを紹介します。
ひろし

介護経験から服づくりに挑戦!言葉にならない感情に寄り添い続ける科学的 “ケア衣料”の出発点|笈沼清紀さん

株式会社ケアウィルの代表・笈沼清紀(おいぬま・きよのり)さんは、ご自身のお父様の介護経験から服に不自由を感じている人に向けた「ケア衣料」の事業に取り組んでします。服づくりの過程や製品、創業のきっかけや服づくりに対する熱い思いを伺いました。
ひろし

ケア衣料を通して「服の不自由を解決する」|株式会社ケアウィル

東京都に拠点のある株式会社ケアウィル(代表:笈沼清紀さん)は、服の不自由を解決するというビジョンのもと、良質な服づくりに取り組まれている「ケア衣料」の専門ブランドです。創業ストーリーや製品の魅力、また、実際に試着した感想等も合わせてお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました